【Unity】 を【Android端末と連動】させたい(Androidビルド)

Technology

【Unity】 を【Android端末と連動】させたい(Androidビルド)

□ 環境

【環境】
MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)
HUAWEI nova lite 3
Unity  2020.3.15f2 LTSHUAWEI nova lite3
※ Unity内の画面レイアウトは異なるかもしれません.

実機テストをしたい

#1 〜 #4 でToDoリストの作成に取り組みました.
これらがスマホで動くか実機テストを試みます.

僕はiPhoneユーザーであるため調べていると,
iPhoneで実機テストをするためには,
Xcode をインストールする必要があることが分かりました.[2]

Xcode のインストールに必要な容量を調べていると,
なんと 40〜42GB 必要⁈ 
だそうです.[3]

Mac の容量を確認してみると,

画像1

[3] を確認する限り,12GB 程度でインストールできるそうですが,
容量ギリギリになってしまうため,今回は Android端末 で実機テストしていきたいと思います.
(容量をもっと減らしてから,iPhoneでの実機テストを行いたいと思います)

Android ビルド

すでに,Android のモジュールはダウンロードできていたため,早速ビルドしていきたいと思います.

ERROR!
Product Name  →  Test
Save As  →  ToDo

にしたところ,エラーが出てファイルが作成されませんでした...
(スクショし忘れました...)

そこで,Product Name  と  Save As  の名前を一緒にしたところ,

Product Name  →  ToDo
Save As  →  ToDo

画像3

スマホでの起動に成功しました

テキストが保存できているか確認するために,
一度画面を閉じ,再度開けてみると...

画像3

テキストデータは保存できていたようですが,表示はされたのは一つだけでした.
恐らく,一番最後に保存された最新のテキストデータが表示されているようです.

ADD!
ビルドが上手くいかないときにこのサイトを見ると良さそうです![4]

書き忘れていましたが,
PCとandroid端末を接続したものの,
【充電】されるだけで端末上での【接続の確認なし】
と表示されていました.

USBケーブルには通信用と充電用があるので、通信用ケーブルを使用する [4]

USBケーブルが【充電用】であると仮定し,
DAISOで【高速充電・通信ケーブル】を購入しました.

DAISOの充電器に差し替えたところ,接続することができました

他にも,Androidビルド時にエラーが出る方はぜひ確認してみてください.

最後に,画面の表示サイズを変えて終わりにしたいと思います.

7のコピー

画面サイズの変更

Game  >  Free Aspect  >  1920×1080 Portrait

画像5

画面サイズが変更できました!
表示を全体的に大きくすれば完成です.

スクリーンショット 2021-09-28 14.16.45

□ まとめ

問題点 :
・画面サイズのマルチ対応
・データ保存の割り当て

やはり,データの保存,管理で躓くことが多いようです..

スマホでの実機テストは上手くいったので,次回からは【加速度】をメインに取り組みたいと思います.

-Technology
-