【Blender 2.9】 3Dモデルにポーズを取らせる (2)

Technology

【Blender 2.9】 3Dモデルにポーズを取らせる (2)

□ 環境

【環境】
MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)
Blender Version 2.92.0
※ Blender内の画面レイアウトは異なるかもしれません.

完成図

画像1

今回すること

1. モデルにさせたいポーズを決める,資料を集める
2. モデルに大体のポーズを取らせる
3. スマホの型を作成,手元に持ってくる.
4. スマホに合わせてモデルの関節を調整する
5. スマホのデザイン 
6. カメラワークやライティング
7. レンダリング

今回は 5〜7 を実装していきたいと思います.
1〜4 は前回の資料から[2]

スマホのデザイン

[1]を参考にスマホに写真を貼り付けていきたいと思います.

画像3

以下の写真を使用します.(illustratorで作成)

スクリーンショット 2021-10-14 16.55.00
画像4

Edit Mode で 四隅 を選択し,
ctrl + B で角を取ります.

画像6


次に モデル を選択し Base Color を変更しました.

画像6

カメラワークやライティング


ライティング

スマホから光が出ているように見せるため,
スマホ付近にスポットライトを持ってきました

画像7

カメラ
好きな位置にカメラを持ってきます.

画像8

POINT!
N (設定) で設定を開く
View  >  Camera to View を選択  

15のコピー

Camera to View を選択することで
カメラを動かすとカメラアングルを変更させることができます.

画像10

レンダリング

Cycles を選択し,レンダリング してみました.


POINT!
画質を上げたい

少しでも画質を上げるために,Render の値を変化させてみました.

Render  >  50

画像13
画像14

Render  >  300

画像14
画像13


Render が 300 の時の方が綺麗に出力しました

-Technology
-