【Blender 2.9】 3Dモデルにポーズを取らせる (1)

Technology

【Blender 2.9】 3Dモデルにポーズを取らせる (1)

□ 環境

【環境】
MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)
Blender Version 2.92.0
※ Blender内の画面レイアウトは異なるかもしれません.

□ 完成図

画像9

今回すること

前回は,Mixamo という webサービスから
3Dモデルをダウンロードしてきました.[2]


今回することは,「3Dモデルスマホを持たせてみる」です.

ポーズを取る

では,早速取り組んでいきたいと思います.
※ 今回は自己流でなんとなくやっているため,もっと効率の良い方法があるかもしれません...


基本的には前回と同様に,

ボーンを動かしたい時は
Object Mode  >  Pose Mode を選択

動かしたいボーンをクリックし
R で回転させていきます

R + x, y, z
R を押した後に x, y, z のいずれかを押すと,
押した軸(x, y, z)方向固定して動かすことができます.

あらゆる関節をぽちぽち回転させていくとこのようになりました.
下図ではての関節を曲げていますが,手の関節は今の所触らなくても良さそうです (※2 だいぶ下に記述)

画像1
画像2
画像3
画像4


形は大体で良さそうです.

POINT!
ポーズを取らせたい時は,
・自分でポーズの自撮りをする
・取らせたいポーズの写真をネットで探す
など,参考資料を用意すると良さそうです.

資料を用意することで,
関節がどうなっているのか,ポーズに違和感がないか等を確認できると思います.

スマホ作成

キューブを作成し,手元に移動させていきます.
Shift + A  >  cube

画像5
画像6

サイズの変更,位置の移動,回転 のショートカットはここに載せているのでご確認ください.[4]https://note.com/embed/notes/n432629cd09bd

基本的に,
・サイズ変更
・位置の移動
・回転
を使えばできます.

画像7
画像8


POINT!
今回の流れとしては,
1. モデルにさせたいポーズを決める,資料を集める
2. モデルに大体のポーズを取らせる(細かくなくていい!
3. スマホの型を作成,手元に持ってくる.
4. スマホに合わせてモデルの関節を調整する.(※2)
5. スマホのデザイン (別のプロジェクトで先にスマホだけ作っても良さそう)
6. カメラワークやライティング
7. レンダリング

※2  いきなり精巧なポーズを決めてしまうと(特に手),スマホを持たせるために関節を再調整しなければならないので,最初に手の関節はほとんど触らない方が良さそうです.


もう少しボリュームが出そうなので,残りの(5, 6, 7)は次回にまとめていきたいと思います.

-Technology
-